第7回学術大会
大会概要

第7回学術大会+第4回モバイルヘルスシンポジウム
終了のご挨拶 ...

 第7回学術大会+第4回モバイルヘルスシンポジウムは、6月29日、東京医科歯科大学にて開催され、天候と全国から多くの参加者に 恵まれて、また多数の方々のご支援とご協力により、無事に終了することができました。 モバイルヘルスシンポジウム2013の講演者、座長の皆さま、パネラーの皆さま、セッション責任者の皆さま、コメンテーターの皆さまのご協力に感謝いたします。大会に参加 くださっ たすべての皆さま、そして準備と運営に尽力くださった数多くの方々に、心より御礼を申し上げます。

第7回学術大会+第4回モバイルヘルスシンポジウム
大会長  P義昌
実行委員長 水島洋
テーマ  在宅医療+地域コミュニティーの創意工夫を活かす
大会長  高瀬義昌(医療法人社団至会 理事長)
会 期  平成25年6月29日(土)
会 場  東京医科歯科大学M&Dタワー2階 共用講義室1 共用講義室2
     東京医科歯科大学3号館18階 保健学科講義室1
     東京都文京区湯島1−5−45
地 図    湯 島キャンパス案内図
受 付  M&Dタワー2階 共用講義室1
交 通  JR「御茶ノ水」駅 東京メトロ「御茶ノ水」駅 下車
事前登録 会員=4,000円 非会員=6,000円 学生会員=無料 学生非会員=無料
当日登録 会員=5,000円 非会員=7,000円 学生会員=無料 学生非会員=1,000円
     ※学生は、受け付けにて学生証の提示をお願いします

懇親会  3,000円

第7回学術大会+第4回モバイルヘルスシンポジウム合同実行委員会
 阿久津 靖子(株式会社MTヘルスケアデザイン研究所)  石井 留雄 (中央コリドー情報通信研究所)
 磯部 陽  (国立病院機構東京医療センター)      伊藤 篤史 (東京医科歯科大学歯学部)
 大西 由華 (医療法人社団至高会)           木暮 祐一 (青森公立大学経営経済学部)
 酒井 三奈子(明治安田生命保険相互会社)        高嶌 恒男 (みよの台薬局グループ本部)
 高瀬 義昌 (医療法人社団至高会)           中村 肇  (大阪市立大学大学院医学研究科)
 原  晋介 (大阪市立大学大学院工学研究科)      水島 洋  (国立保健医療科学院)
 八幡 勝也 (医療法人住田病院)            山下 和彦 (東京医療保健大学医療保健学部)
 山下 浩史 (ルーデンス技研株式会社)

A会場(M&Dタワー2階 共用講義室2PDF版
08:50〜09:00
 大会長ご挨拶

モバイルヘルスシンポジウム2013
09:00〜12:00
患者参加型医療を実現する 誰のためのヘルスレコードか
 座長   水島 洋(国立保健医療科学院)
 基調講演 患者参加による創薬支援プロジェクト〜ICTが拓く可能性〜
       水島 洋(国立保健医療科学院)
 講演1  患者参加型医療を実現する革新的ICT技術
       宮川一郎(習志野台整形外科内科)
 講演2  電子カルテを基盤とした社会システムデザイン
       亀田隆明(医療法人鉄蕉会亀田総合病院)

12:05〜12:20
 座長    岡本比呂志(ITヘルスケア学会 副会長)
 大会長講演 高瀬 義昌(医療法人社団至会 理事長)

12:20〜13:10
ランチョンセミナー(提供:日本マイクロソフト株式会社)限定100名様(先着順=受付にて、昼食引換券を配布します)
 座長   水島 洋(国立保健医療科学院)
 講演   周産期医療における地域連携とPHR
       尾形優子(株式会社ミトラ)

13:20〜16:00
健康ビックデータがつなぐ街づくり
 座長   高瀬義昌(医療法人社団至高会)
 講演1  ケアサイクル論 再考
       長谷川敏彦(日本医科大学医療管理学科)
 講演2  医療介護の質向上が果たす使命・社会作り・街作り
       田原 一(株式会社イニシア)
 講演3  ケアタウンナカノ構想〜在宅医療連携拠点事業成果報告〜
       中野一司(医療法人ナカノ会ナカノ在宅医療クリニック)
 講演4  つくば健康づくりプログラム ICT健康サポート事業〜事業成果報告〜
       守田典宏(NTTレゾナント株式会社)

16:00〜18:00
在宅医療におけるIT技術の活用と医療ソフトウェアの薬事法
 講演1  タッチ一秒、おくすり手帳!
       五十嵐 中(東京大学大学院薬学系研究科)
 講演2  医療機器とソフトウェアへの薬事法規制についてのソフトローの活用
       遠藤 直哉(フェアネス法律事務所)
 講演3  在宅医療の普及と拡大のためのICT活用
       遠矢純一郎(医療法人社団プラタナス桜新町アーバンクリニック)
 講演4  在宅医療におけるIT技術の活用と医療ソフトウェアの薬事法
       山下 和彦(東京医療保健大学医療保健学部医療情報学科)

学術大会 一般演題
B会場(M&Dタワー2階 共用講義室1)PDF版
09:00〜11:20
病院・在宅管理1
 座長   磯部 陽(国立病院機構東京医療センター)
 座長   八幡勝也(医療法人住田病院)
 B1   RFIDを用いた病理検査用検体管理システムの開発
       高橋秀也(大阪市立大学大学院工学研究科)
 B2   紙を電子的診療情報連携に利用する
       八幡勝也(医療法人住田病院)
 B3   大学病院における診療患者混雑の要因究明と、ICTを用いた解決方法の提案
       今津研太郎(熊本大学大学院医学教育部)
 B4   在宅医療におけるICT活用と連携の視点
       平野貴大(駿河台大学)
 B5   内視鏡手術ドライラボシミュレーションによる3D内視鏡および手術支援ロボットの有用性評価
       磯部 陽(国立病院機構東京医療センター)
 B6   医療材料のメーカー、卸、病院など各流通段階における課題とIT活用の先進事例
       東谷顕一(シーオス株式会社)
 B7   難病登録の現状と課題
       田辺麻衣(東京医科歯科大学大学院・国立保健医療科学院)

13:30〜15:50
病院・在宅管理2
 座長   木村憲洋(高崎健康福祉大学健康福祉学部)
 座長   木暮祐一(青森公立大学経営経済学部地域みらい学科)
 B8   Web型電子カルテとモバイルデバイスを用いた緊急遠隔画像読影
       磯部 陽(国立病院機構東京医療センター)
 B9   薬局のiPadを活用した電子カルテ
       遠藤朝朗(株式会社グッドサイクルシステム)
 B10  地域医療連携支援システムEIRの持続可能性と今後の課題
       北山 摂(医療法人社団プラタナス桜新町アーバンクリニック)
 B11  機能強化型在宅療養支援診療所のICT活用による効率的な運営と経済性の検証
       村上典由(医療法人社団プラタナス桜新町アーバンクリニック)
 B12  医薬品情報を活用した電子お薬手帳
       島崎 肇(ポケットファーマシー販売株式会社)
 B13  在宅医療における薬剤師の役割とICTの課題
       高嶌恒男(みよの台薬局グループ本部在宅医療推進部)
 B14  モバイル端末を用いた災害時健康管理支援システム
       水島 洋(国立保健医療科学院研究情報支援研究センター)


学術大会 一般演題
C会場(3号館18階 保健学科講義室1)PDF版
09:00〜11:40
モニタリング・センサ技術
 座長   原 晋介(大阪市立大学大学院工学研究科)
 C1   看護師の自己研鑽における地域間情報格差を埋める教育支援メディアと取組の紹介
       勝部槙介(メディバンクス株式会社)  
 C2   エクセルVBAを用いた医学部学生のためのe-Learningシステムの開発
       岩本健一(大阪市立大学医学部)
 C3   データサーバレス方式による遠隔生体情報モニタリングシステムの構築
       幸島明男(独立行政法人産業技術総合研究所)
 C4   Android端末を用いた上肢運動支援アプリケーションの開発
       市川典央(東京医療保健大学)
 C5   運動選手のための腰部装着型心拍数センサの信号処理に適したマイクロプロセッサとエネルギー効率比較
       岡本 信(大阪市立大学大学院工学研究科)
 C6   サッカー選手のリアルタイムバイタルデータ収集のフィールド実験
       神田冬威(大阪市立大学大学院工学研究科)
 C7   市民マラソンを支援するライブストリーミングの取り組み
       原田輝俊(秀明大学英語情報マネジメント学部)
 C8   東日本大震災後の医療および復興情報の流通の在り方に関する考察
       大塚時雄(秀明大学英語情報マネジメント学部)

13:30〜15:50
アプリ開発・シュミレーション技術 
 座長   伊藤篤史(東京医科歯科大学歯学部)
 座長   森川富昭(慶応義塾大学環境情報学部)
 C9   ER映像モニター解析によるリスクマネジメントと業務改善の試み
       菊野隆明(国立病院機構東京医療センター)
 C10  モバイル閉域網を用いた医療ネットワークの構築
       伊藤篤史 (東京医科歯科大学歯学部)
 C11  新たな都市型ネットワークモデル!
       澤登久雄(社会医療法人財団仁医会牧田総合病院 医療福祉部・在宅医療部)    
 C12  RFIDを用いた暖簾型行動把握システムの開発
       中村 肇(大阪市立大学大学院医学研究科) 
 C13  交流眼電図法を用いた重度肢体不自由者におけるアクセシビリティ機器
       大矢哲也(東京電機大学未来科学部情報メディア学科)
 C14  褥瘡評価・管理アプリの作成
       三好 研(国立病院機構高知病院)
 C15  患者登録による創薬支援を目指した患者会支援サイトの構築
       山本 晃(株式会社R102)

合同事務局
 〒146-0092 東京都大田区下丸子1-16-6-1F たかせクリニック 付
 連絡先 メール
 ホー ム