AI・RPA研究会 

                    

 <開催概要>

 主 催:一般社団法人ITヘルスケア学会

 テーマ:豊かな「人生100年時代」のITヘルスケアテクノロジー講演会

     ~健康長寿を見える化しよう!AI,アプリ,IoTの活用~

 会 期:令和2年2月14日(金)11:00〜16:00(見学・休憩時間:12:30〜14:30)

 会 場:東京ビックサイト 展示会場内セミナー会場

 参加費:無料(来場事前登録と講演会参加登録が必要です)

 

※ ITヘルスケア学会講演会は、東京ビッグサイトで行われる展示会「CareTEX2020」会場内で開催いたします。

 本講演会へ参加するには、別途に展示会への来場事前登録が必要です。
 展示会HPにて「来場事前登録」を必ずお願いいたします。【来場事前登録

※本講演会へ参加登録するには、下記の参加申込みフォームから登録してください。

 

<プログラム>

11:00~12:30

セッション 1: 健康長寿のための足づくり  ~足の見える化技術とIoT~

講演名:IoTを利用した高齢者の足部・足爪機能の改善と介護予防

講 師:山下 和彦(了徳寺大学 教養部 教授)

アブストラクト:中高年の6割に足部や足爪の問題があり,要介護リスクを高める要因となっています.これら課題と歩行機能の向上は何歳になっても対応が可能です.足部の計測を行うことでそのソリューションが見えてきます.本講演では足部,足爪にフォーカスを当て,IoTの活用による健康支援の今後の展開についてお話いたします.

 

12:30〜14:30 見学・休憩時間

 

14:30~16:00

 セッション 2: 介護・健康支援におけるAI・ロボットの活用の未来

講演名:介護・在宅医療においてコミュニケーションロボットはどう活用できるのか?  

講 師: 坂田 信裕(獨協医科大学 情報基盤センター 教授・センター長) 

アブストラクト:過去数年間で、ロボットが少しずつ身近になってきています。介護利用という視点でも、厚生労働省・経済産業省によるロボット技術の重点分野指定や、種々ロボットの実用化検証・展開が数多く行われています。また、今後の社会、Society5.0においても、ロボットの積極的な活用が注目されています。今回、「コミュニケーションロボット」に焦点を当て、その存在価値や、介護、在宅医療領域における活用・今後の展開について話題提供します。

 

講演名:介護・在宅・リハビリ現場でICTロボットが効果的に活躍するには?  

講 師: 木村 佳晶(合同会社アグリハート 代表 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会 理事) 理学療法士

アブストラクト:目的達成のための手段として活用が期待されているICTロボットが、今後の介護、在宅、リハビリの現場でどのように活用されていくべきか、またそれらが普及していく為に必要な事は何か。実際の現場からキャッチした課題と、それらを解決する為に事業所として実践すべき対策の案などを提案します。

 

  講演会参加申込みフォーム

      

 



事務局

一般社団法人 ITヘルスケア学会

 

Japan Society of IT Healthcare
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階 弁護士法人 フェアネス法律事務所内
連絡先:事務局 office◆ithealthcare.jp (◆を@へ変えてください)